掛け軸修理(修復)について

修理(修復)により、長く後世に伝えることができます

掛け軸全体の修理前と修理後

 

掛け軸は修理を繰り返すことで、後世に残っていきます。

 

通常は、現状の掛軸を解体して作品(本紙)を取り出します。

取り出した本紙を修理した後に、新しく掛け軸に仕立てます。

 

大切なのは次に修理する時に、それが可能な材料や工法です。

剥がしにくい接着材や、劣化しやすい和紙では、修理が困難になり、

掛け軸や、それと一体になった作品も寿命が決まってしまいます。








修理(修復)による見た目の変化

修理例 1 絵の場合

 方針として、汚れが取れて白くなり、きれいになる。又は、絵が蘇り見栄えが良くなることはございません。

 原則、その様な修理は行いません。それは元々のオリジナル(原画)部分を現す考えからです。
 本来描かれていた絵が、長年の間欠損して無くなっている所に絵を加えることは、それを描いた作者の表現とは異なるからです。

 修理方針は、表装工房により異なる場合もありますので、ご確認が必要かもしれません。

① 修理前・・・虫穴や、前回の修理の痕等の損傷が目立ちます。絹に描かれいて、全体に劣化しています。またこのままでは保存できない状態です。

② 修理後・・・見た目では、余り変化がないように見えますが、保存性は向上し、後世に伝えることができます。

③ 修理前・・・横に多数折れや、剥落が見られます。画像では見にくいですが、過去の修理跡や補填跡も多く見られます。

④ 修理中・・・前回の修理時に補填した和紙を取り除き、新たに和紙を補填した状態です。補填した和紙の色が白く画面に違和感を感じられます。しかし、横折れや剥落等の損傷は解消されました。

⑤ 修理後・・・違和感を緩和するために補彩します。この場合、修理後は一見、前後の変化を感じられない印象を受けます。よく見ると、補填した部分と原画の部分との区別はつきます。

 

修理例 2 書の場合

 ① 修理前・・・損傷度は高い作品です。強い横折れ・過去の大きな修理跡・虫穴も多く見られます。
 

 ② 修理中・・・損傷部分に、新たに和紙を補填しました。目立たなかった損傷部分が分かりやすくなりました。この段階では、補填した和紙の色が白く画面に違和感を感じられます。横折れが改善しました。
 

 ③ 修理後・・・違和感を緩和するために補彩します。修理後は一見、前後の変化を感じられない印象を受けますが、補填した部分と原画の部分との区別はつきます。


 部分拡大 

3 洗浄による変化

 作品を洗浄すると、綺麗になると思われる方が多いと想像します。通称「シミ落とし」や”掛け軸の洗い”とも言われています。

 表具店に依頼されて、実際に綺麗になったご経験や、広告の影響もあるかもしれません。

 確かに、綺麗になることで見栄えが良くなりますし、依頼者によっては、汚れを落とすことを優先されることもあると思われます。

 その点は意味のあることです。一方で綺麗にするためには、薬品漂白が考えられ短所もあります。

 将来の変色や白くなりすぎて、時代的雰囲気を失うことが挙げられます。そして特に和紙の場合は、繊維の損傷が言われています。

 文化財級等の掛け軸では、薬品漂白はおこなわれないはずです。見栄えより保存を優先するためです。

 よって水のみで洗浄をおこないますが、白くきれいになった印象は受けられないでしょう。

 

水によるシミの場合

 掛け軸に水がかかり、そのままにして置いたために跡が付いた例です。

 水に濡れて長期間経過していない場合は、水洗浄できれいに落ちます。しかし水に濡れて長期置いておくと、完全には落ちません。

 また、ハエ糞や付着物の場合も跡は残ります。
 また水のみの洗浄では落ちない場合が多く、鑑賞の妨げになる汚れは作品鑑賞に影響します。

 作品の場所にもよりますが、部分的に薬品漂白を行います。薬品は繊維を損傷するので、注意しながら過度な使用は避けます。


茶褐色のシミの場合

 最初は水のみで部分的に洗浄をおこないましたが、多少薄くなった程度でした。

 これ以上、シミが薄くなることを希望すれば薬品使用になります。

 シミ部分のみに薬品を使用して、後で水洗浄をして薬品の残留をなくします。しかし、完全に跡が消えることはありませんでした。

水洗浄でシミが落ちない例

保存性優先で、薬品使用等、過度な洗浄を避ける場合があります。


絵具の中にシミ

絵具の中にシミ等がある場合、単に水を注いで洗い流すことは絵具層にダメージを与えます。特に絵具と絹では剥落し易くなります。

この場合は、絵具と絹を接着する膠(にかわ)成分を与えながら、その水分で洗浄する方法を採ります。

機械のサクションテーブルでの洗浄を使用して上から膠水溶液を与えながら、水分を下から吸引します。

しかし洗浄効果は薄いことが多いです。その場合、鑑賞の妨げが少しでも緩和されれば良しとて、絵具の保護を優先します。


過去の修理で作品は変化をしています

掛け軸は修理を繰り返すことによって、現在まで伝えられています。70年から100年に一度と言われていますが、中には江戸時代から一度も修理されずに損傷が著しい掛け軸もあります。

一方では、昭和後半の掛け軸でも品質によっては修理が必要になる場合もあります。また寺院に伝わる仏画には、数百年間伝わってきている掛け軸もあります。

おそらく、2~3回の修理を繰り返されていると想像できます。

過去の修理でも江戸~明治時代の修理では、見た目を優先して欠落した部分に画を加筆している場合がよく見られます。左下の画像では、左側の赤い部分が加筆部分です。波模様をうまく書き加えていますので、一見では分かりません。現在ではそのような過剰な修理は行わない方針です。


真ん中の画像で文字切れの場合は、古い曼荼羅よく見られます。この様に作品描写の一部を安易にカットすることも、現在の修理ではおこないません。この場合は、今回の修理でカットしていないことを現すために、和紙を付け足します。

上記に見られるように、過去の修理の繰り返しで作品の変化した場合は、可能な限り元の原画に戻します。

修理が必要な損傷例

掛け軸は巻くことで、コンパクトに収納されます。よって、紫外線に晒されることもなく、湿度に注意すれば作品を長持ちさせることが可能です。しかし短所もあり、細く巻くことでの避けられない損傷(横折れ)が、長年により発生します。

長い期間が経過すると、劣化や糊浮きが生じます。それは掛軸にとって自然でもあります。その様な症状は修理の時機でもあるからです。そうして作品は残っていくことができます

 

 


主な掛け軸修理の例

画像をクリックすると、ページに移動します。



修理に関するよくある質問

掛け軸・表具(屏風・巻物・和額)を修理する時期について

掛け軸に関しては、傷みやシミ・絵具の剥落により鑑賞や展示が困難になった時です。

他に、掛け軸自体が固着して広げることができずに、修理に持ち込まれることもあります。

和額(欄間額)に関しては、文字や絵の一部が剥落したり、エアコンの急激な湿度の変化で、亀裂が入った場合などです。上記の症状は、放置しても回復することはなく損傷が広がる一方ですので、早めの修理が必要です。また礼拝に関する掛け軸(曼荼羅・仏画・ご神号)の場合は、宗教行事にあわせての修理が多くあります。

最近では次世代が変わった時に、相続した掛け軸を修理することもあります。

修理することで絵や文字が復元されますか。

修理(修復)に対する考えは、表具師個々により違いがあります。

確かに欠損部分に絵や文字を加筆すれば、見栄えもよくなり満足感は得られるかもしれません。当店では、オリジナル部分には手を加えず、欠損部分は地色の単色で補彩して、違和感をなくす程度にしています。

俗に"掛け軸の洗い"・"古書画の洗い"は、きれいになりますか。

薬品漂白により、きれいになりますが、問題もあります。

過マンガン酸等の使用により、漂白されますが、それによる弊害も将来起こりえます。

真っ白になり、作品が持つ時代的風合いを失いますし、環境にもよりますが、将来再び変色が起こります。

そして、和紙繊維の損傷につながり、保存性の問題も起こります。

当店では保存性や風合いから、水のみによる洗浄を優先としていますが、鑑賞の妨げや強い要望から、軽く薬品漂白をおこなう 場合があります。

掛け軸は傷んでいませんが、作品は傷んでいます。作品だけ修理できないでしょうか。

通常はできません。作品は、掛け軸と一体になっていますので、一度解体して作品を取り外さなければ修理できません。

作品は傷んでいませんが、掛け軸の一部が傷んでいます。

傷んでいる部分により、処置法も変わります。紐のみが切れている場合は、新しく取り付けます。

また軸首が取れている場合は、そのまま付けることもできますが、軸棒から取り替えることになる可能性もあります。しかし表装裂に損傷がある場合は、解体になりますので、新調と差ほど変わらない作業になります。

作品の修理後(修復後)に、掛け軸から額装に変更したいのですが。

掛け軸から額装に変更できます。額装は、巻いて保存しない代わりに常に紫外線に曝されるので、劣化が早くなる短所があります。(当店では、紫外線カットアクリルガラスを使用しますが、将来の影響についてのデーターはありません。)

長所としては、エアコンの急激な室温変化の影響も少なく、現代の住環境に対応できます。