古文書の修理

所蔵の古文書(古地図・和本)を修理します。資料の状態に応じて修理します。

 *掲載の古文書は当店が所有し、個人情報保護に抵触していません。

裏打ちによる修復

 裏打ちという伝統の技術があります。
 表装技術の一つで、脆弱な史料や和紙にかかれた書画を裏面から和紙で補強する方法です。
 この方法により、史料や作品はアイロンにかけたようにピンと張った状態になります。
 よって鑑賞や保存が可能となります。
 

 現在多くの表装店が通常使用していると思われる和紙は、製造過程で薬品が多く使用されています。
 直ぐに問題が発生することは考えにくいですが、長期となると保存に適した和紙を使用する必要があります。
 当店では裏打ち和紙は保存に適した和紙を使用します。

 (史料館等の仕様書に基づいた和紙)糊は、生麩糊(小麦粉デンプン)を希釈して使用します。

 

裏打ちによる修復例  仮綴じ本

 修復前 水損の影響から、フケ・カビ・劣化があり、閲覧は困難。  タテ 24.7cm ヨコ 27.5cm 14丁(ページ)

 修復後 フケ・カビはそのままの状態ではあるが、保存性は向上し閲覧は可能になった。 タテ 25.5cm ヨコ 27.7cm

 

リーフキャスティング(漉き嵌め)による修復

 漉き嵌めの機械で、上から和紙繊維を流し込み、下から吸引することにより、虫損部分(欠損部分)に和紙繊維が補填されます。

 裏打ちとは異なり、裏全面に和紙を補強しないので、厚みは増しません。

リーフキャスティング修復例 ❶ 和綴じ本

 修復前 虫損の影響あり。綴じ糸が切れている。タテ22cm ヨコ 15.7cm 32丁(ページ)

 修復後 裏打ち和紙で補強しないため、厚みに変化がなく閲覧は可能になった。

 

リーフキャスティング修復例 ❷ 仮綴じ本

 修復前  水損の影響から劣化がある。最終丁の破損・虫損有。タテ24.2cm ヨコ 16.5cm 11丁(ページ)

 

 修復後 水損の汚れはそのままですが、保存上は向上し閲覧は可能になった。

 厚さは変化ないが、余白を残して裁断したため寸法は多少大きくなった。タテ 24.7cm ヨコ17cm