掛け軸修理 表装 | 表具師 (表装技能士) 錦司堂

 掛け軸・古文書の史料や表具の修理

表具と言われる和紙や絹の作品を鑑賞・保存する工芸品があります。

表具には、主に掛け軸・和額・巻物・屏風等があり,そちらを修復したり、環境に合わせて表装します。


掛け軸の修理(修復)

掛け軸の修復

 

 掛け軸の修理について

 

 修理前と後の変化や主な作業内容

 

 

 

 

掛け軸の修理例   画像をクリック

 

修理対象品

残したい傷んでいる掛け軸 

重要美術品・販売目的の高級品は対象外です。

修理後の雰囲気

復元(絵や字が蘇ったように奇麗になる)修理ではございません。よって劇的な変化はありません。

シミ落としに関しては、完全に落ちない可能性が高く過度な洗浄は控えます。

保存を優先とした、時代を経た雰囲気がそのまま残った感じになります。

修理期間

現在約4カ月後です。損傷状態や大きさにより,長くなる場合があります。またお急ぎの場合は、ご相談に応じます。

修理品の保証

明確な不具合が発生した場合、納品後一年内であれば仕立て直します。

但し、長間乾燥状態での掛け放し等、環境により状態が変化した場合は、この限りではありません。

詳細は利用規約をご覧ください。


環境に合わせての作品保存

和室から洋室に変更して床の間がなくなって,掛け軸を飾る場所がなくなることがあります。

そのような時には、表装形式を変更して保存します。

また和風建築にあった扁額や屏風を数多く譲り受けた場合に、保管場所の関係等から、作品のみ修理保存することも可能です。

 

表装の形式を変更して保存

掛け軸を額縁に変更

 

 表装形式を変更して保存

  

 掛け軸から額装へ変更

 掛け軸・巻物へ変更 

 額装を掛け軸へ変更

 

作品のみ修理して保存

 掛け軸作品だけを修理保存      

作品修理後にそのまま保存して後で表装

 

和紙作品を掛け軸に表装

和紙や絹に描かれた(書かれた)作品は、そのままでは、鑑賞できません。

後世に残す作品であれば、表装することで伝えやすくなります。

掛け軸 表装

 

 掛け軸 表装について

 

 和紙や絹の作品を掛け軸に表装します

 


 

古文書・史料の修理

和紙資料が虫損や劣化を解消して、閲覧・保存します。

古文書修復

 

 古文書・和紙史料の修理

   

 古地図 和紙公図 和綴じ本の修理

 


扁額・欄間額の修理

横額の作品を修理保存します。

扁額修理

 

 扁額・額縁の修理

   

 額縁・欄間額・扁額を含めた修理

 作品のみ修理も対応いたします

 

 

百年もの間、掛け軸の修理・表装は表具師という職人が仕立ててきました。
表具師は作品の保存性と、表装形式やデザインを考えて一点一点作品に合った表装をします。
現在では、伝統技術と科学技術が融和して受け継がれています。

近年では大量生産品や機械を使用した表装もあり利点もありますが、後世に残す作品は、伝統的表装でなければなりません。

現在では、その掛け軸を飾る床の間の減少やライフスタイルの変化で、掛け軸を扱う機会が減ってきました。
しかし世代交代が進んでいる中で、先人たちが残した掛け軸を修理して残す動きが多くなったと感じています。

その中で、掛け軸修理をどこへ依頼してよいかわからず、失ってしまうことを少しでも防止することから、2004年からHPでPRしております。お陰様で主に岡山近隣県、遠方は配送便で全国からご用命を賜っております。