日蓮系曼荼羅 名号 掛け軸修理

 古い曼荼羅本尊 名号 掛け軸の修理例

寺院や御家に伝わる傷んだ曼荼羅本尊を修理して後世に伝えます。真筆のご本尊は品格から正絹製の表装がよく合います。

 修理例1 日蓮曼荼羅 掛け軸

撮影環境や出力画面により、実物と多少の色合いの変化があります。

 

 

 曼荼羅掛け軸の調査と修理方針

【曼荼羅の寸法】 タテ 28.5㎝ ヨコ 20.5㎝

【曼荼羅の状態】 古い曼荼羅ですので、過去に何度かは修理されていると予想します。曼荼羅の右横部分の文字線が裁断されているので、過去に一度は修理されています。

【掛け軸の寸法】 タテ 80㎝  ヨコ 31㎝

【掛け軸の状態】 片方の軸首もなく、傷みがある。また掛け軸の裏面に裏書きがあります。

【修理方針】 曼荼羅自体の保存性向上。掛け軸は新調。裏書き部分は曼荼羅掛け軸の歴史から、修理して元のように貼り戻します。 *裏書き・・・書画の掛け軸の裏に、表にあたるものの証明などの文字を書くこと。書い書画の場合は、それが真物であることを保証する詞を書くこと。

 修理作業への準備

墨部分に、膠(ニカワ)水溶液を塗って強化します。
表面に加えて、裏面の裏書き部分も同様に強化します。
こうすることで、洗浄で水による滲みを少しでも防止できます。  

この後は、裏書き部分の和紙を取り出して、裏打ちを行います。
裏書き部分も、曼荼羅本尊の一部になります。




 掛け軸から曼荼羅を取り出す

掛け軸を解体して、曼荼羅と裏書き部分を取り外します。
掛け軸の裏面に水分を与えて、重なっている裏打ち和紙を外側から剥がしていきます。

裏書きは、一番外側の和紙に書かれています。
また剥がしていく途中で、過去の補修痕を見つけることができ、
今回の修理の新たな情報を得ることもできます。

 

 主な曼荼羅本尊の修理作業

 

修理過程の変化

 

 掛け軸に表装

 

新しい曼荼羅の掛け軸の保存

今回の修理では、掛け軸の裏書き部分があります。
裏書きも時代を経た曼荼羅の歴史でもあり、元のように貼り戻しています。

従来のように通常細く巻くことで、再び横折れの損傷が出やすいと判断し、
太巻き添え棒で大きく巻いて保存することに変更しました。

何百年間残ってきた曼荼羅は見た目以上に劣化があります。
以後長期に亘って残す場合は、太巻き芯が欠かせません。
桐箱を新調する際は、修理の記録を箱に書く良い機会になります。


 参考価格

作品の損傷度・大きさ・表装材料等により、価格は異なります。

 曼荼羅修理費     修理工数  ★★★   30,000円
 掛け軸表装費   仏表装 上品 通常サイズ   80,000円
太巻き芯棒付き保存箱     30,000円
 合計    140,000円位

 

 修理例2 名号 掛け軸  

撮影環境や出力画面により、実物と多少の色合いの変化があります。

神誉感霊・・・金戒光明寺四五世    真誉祐徹・・・浄土宗の僧                            

 

 名号掛け軸の調査と修理方針

【名号の寸法】 中央本尊 タテ 99㎝ ヨコ 26 ㎝   脇本尊  タテ 57 ㎝  ヨコ 22 ㎝       

【名号の状態】 過去に修理されている痕や補筆もあります。横折れや虫損も見られます。               

【掛け軸の寸法】 中央本尊 タテ 152 ㎝ ヨコ  32㎝   脇本尊タテ 129㎝  ヨコ 28㎝         

【掛け軸の状態】 周りを金箔で表装しています。虫損や破損も多く、展示不能です。              

【修理方針】可能な限り金箔を再使用して、仏表装に仕立てる。

 修理作業への準備

絵具部分を強化 

膠(ニカワ)水溶液を絵具部分に塗布して強化します。

 名号の修理作業

修理によって、保存性を高めます。

 

過去の補筆

脇本尊の一部に、字を書き足している部分があります。一見違和感もなく、補筆部分も分かりません。

 

 掛け軸に表装

三幅対(三幅並べて)で仏表装に仕立てます。中央の本尊を両脇の本尊より、格上に仕立てます。

仕立て方に多少の違いがありますが、この場合の仕立ては以下です。

・中央本尊の中廻しと両脇本尊の一文字が同じ裂

・中央本尊の総縁と両脇本尊の中廻しが同じ裂

・両脇本尊の総縁は、格を下げて緞子の裂


 

 参考価格

三本分の掛け軸の合計になります。

 名号修理費     修理工数  ★★   20,000円
 掛け軸表装費   仏表装 上品 やや小サイズ  60,000~70,000円
 一幅分合計    80,000~90,000円
 三幅対合計     250,000円

 

 修理例 3 日蓮曼荼羅 掛け軸

 

 

 

 曼荼羅掛け軸の調査と修理方針

【曼荼羅の寸法】 タテ 33㎝ ヨコ 16㎝

【曼荼羅の状態】 損傷に加えて、経年の汚れから文字が見えづらい。

【掛け軸の寸法】 タテ 95㎝ ヨコ 32㎝ 【掛け軸の状態】 紙による掛け軸故の、破れ。

【修理方針】 曼荼羅表面に経年の煤の様なもので文字が見えにくいので、洗浄を繰り返して回復を試みます。虫穴と破れ等の損傷は改善の模様。文字の裁断は、保護のため和紙を付け足します。

 修理作業への準備

この後に洗浄を行いますので、膠で文字に塗布して強化します。
文字全部に塗布します。

 

 


 洗浄

表面の堆積した煤等とみられる汚れを水のみで洗浄します。漬け置き洗浄は、行いません。
大量の水分は、古い和紙に書かれた曼荼羅に、ダメージを与える場合があります。
今回はサクションテーブルという機械を使用しました。水に溶けた酸化物質等を下から吸引します。
また薬品漂白は、とても奇麗になりますが、和紙繊維にダメージを与えるので一切使用しません。
結果は、文字が見えやすくなり酸化物質もかなり落ちたと想像します。

 裏打ちと補填

高品質な和紙で、裏打ちを行い曼荼羅自体を裏面から保護します。

 文字切れの対処

掛け軸表装する前の状態で、裏打ち作業後の画像です。
前回の修理時に、両側の文字が少し裁断されていましたので、調整しました。

掛け軸に表装する時は、余白を付けて掛け軸に仕立てていきます。
文字切れは、古い修理を繰り返した曼荼羅によく見られます。

端は傷みやすいので、補填するよりは切り落とした方が、簡単だと想像します。
(オリジナルの文字が少しでも無くなることは残念です。)

今回の修理で、文字が切れた端の部分に、和紙を付け足して余白を持たせました。
(掛け軸の寸法に制限があるために、今回は僅かではありますが、余白があります。)

 

 

 

 掛け軸に表装

小さいご本尊ですので、掛け軸も小型になります。

 曼荼羅修理費     修理工数  ★★★   30,000円
 掛け軸表装費   仏表装 特上品 小サイズ   150,000円
 合計     180,000円位