仏画 掛け軸修理

古い仏画 掛け軸の修理例

修理例1 弘法大師像図 掛け軸

*撮影環境や出力画面により、実物と多少の色合いの変化があります。

弘法大師・・・空海 平安時代初期の僧。弘法大師の諡号で知られる真言宗の開祖である。

 


仏画掛け軸の調査

【仏画の寸法】  タテ 114㎝ ヨコ 49㎝

【仏画の状態】 絹に顔料で描かれています。絵具の剥落・虫穴・横折れ。   

【掛け軸の寸法】タテ 200㎝  ヨコ 70㎝

【掛け軸の状態】展示が困難なレベルの損傷

【修理方針】 絵具の剥落に注意しながら、保存性を向上。掛け軸は軸首以外新調。また箱の記録を保存。

修理作業への準備

  絵具部分に、防腐剤を含まない膠(ニカワ)水溶液を塗って強化します。

 今後の作業では、幾度と水を使用することになります。

 顔料がその水と反応して溶けたり、剥がれたりする可能性があります。

 それを防止するために、絵具層を強化します。

 今回の仏画は、僅かな水分では反応しませんでした。

 仏画上部の色紙部分の剥落がありましたので、数回その部分に塗って強化しました。


掛け軸から仏画を取り出す

 仏画を掛け軸から切り離します。

 今回は、仏画を取り外した掛け軸は、一部を除いて使用しません。

 簡単に小筋に沿って安全に切り離しました。

 もし使用されている掛け軸の裂を再び使用する場合は、掛け軸を丁寧に解体することがあります。

 解体に時間を要します。




仏画を支える和紙 


仏画の修理 

 補絹・・・欠損した部分に絹で穴を補填します。

劣化した絹を穴の形に切り取って補填します。小さい穴が下部分に複数あります。

おそらく虫に食べられたと思われます。


 補彩・・・上記の欠損部分に補填した絹に色を付けます

周りと同じ色より少し薄めにします。

 横折れ部分を修繕・・・仏画に付いている横折れを改善します。

仏画裏面の横折れ部分に、細い和紙を貼り付けて補強することで、巻く時に再び折れが入りにくくなります。

可能であれば、桐材の太巻き棒で大きく巻いて保存すれば、遠い将来まで横折れを防止できます。

 

掛け軸に表装

 元のように掛け軸の形に表装します。

 今回選択した表装裂を裏打ち後に、仏画の周りに付け足していきます。 形式は仏表装

 表装の裂地は、金襴裂と古い仏画に似合う綾織を使用しました。

 掛け軸の形に仕立てた後、宇陀和紙で全体に裏打ちを行い、長期乾燥します。

 

 

 

仏画の保存

古い仏画の保存箱には、記録がある場合があります。木箱の蓋部分によく見られます。記録の文字部分は重要です。

仏画掛け軸と収納箱は一緒となりますので、古い記録部分を残して保存します。

幸い文字部分が蓋のみですので、新しい箱の底に収納しました。



参考価格

作品の損傷度・大きさ・表装材料等により、価格は異なります。
【掛け軸表装費】形式 仏表装 上品 80,000円  

【仏画修理費】損傷度 大 30,000円  【合計】110,000円

 

修理例2 浄土真宗仏画 掛け軸   

*撮影環境や出力画面により、実物と多少の色合いの変化があります。

湛如・・・江戸時代中期の浄土真宗の僧。

 

仏画掛け軸の状態を調査

【仏画の寸法】タテ 95㎝ ヨコ 40㎝
【仏画の状態】絹に顔料で描かれているので、時代経過で一部剥落している。
【掛け軸の寸法】タテ 200㎝  ヨコ 70㎝
【掛け軸の状態】虫穴等の掛け軸の損傷。 過去の簡単な補修の痕がある。
【修理方針】 絵具の保護処置や虫穴補填等。掛け軸は新調。


修理作業への準備

絵具部分を強化

膠(ニカワ)水溶液を絵具部分に塗布して強化します。落ち易い絵具には数回塗布を繰り返します。

表面に仮の裏打ち

 旧裏打ち和紙を剥がす際、時間が掛かり過ぎますと不具合が生じます。

 よって仏画の表面に養生紙で裏打ちを行います。

 

 仏画の画面を固定して乾燥した後、時間をかけて作業を行うことが可能になります。

 

 接着しても後で容易に剥がすことが可能なふのりを用います。

 

裏打ち和紙を剥がす

 旧裏打ち和紙を時間をかけて剥がします。

 

 少量の水分を与えて、糊成分を弱めて和紙を剥がします。

 

 場合により、絹の裏面にも絵具がある場合があるので慎重に進めます。

 

 

虫穴を補填

 可能な範囲で、虫穴に絹で補填します。

 絹を虫穴の形に切り取って補填します。

 また、後世の補修時に埋め込まれた絹をそのまま再利用しました。
 絹の場合は和紙とは異なり、重なり部分に糊が着きません。

 よって、虫穴の形ピッタリに成型します。

 絹は、新しいものは固く、古い仏画に補填してもその部分だけ固い状態となります。

 そこで補填する絹は、ある程度劣化した弾力をなくした古い絹を使用します。

 

 

補彩

補填した部分に、色を入れて周囲との違和感を調整します。

修理過程の変化

仏画全体


部分


掛け軸に表装

仏画を修理した後に、掛け軸に表装します。

金襴部分に、菊紋と五七桐の文様を使用しました。

他部分は、仏表装に相応しい華紋と色合いの裂で、軸首は再使用しました。

 





参考価格

品の損傷度・大きさ・表装材料等により、価格は異なります。

【掛け軸表装費】形式 仏表装 上品 80,000円
【仏画修理費】損傷度 大 40,000円  【合計】120,000円